英語史の中でオックスフォード英語辞典(OED)編纂の話が出てきますが、この編纂事業の実話を元にした映画が上映されるそうです。
メル・ギブソンとショーン・ペンによる『博士と狂人』。10月16日(金)公開です。


原作はサイモン・ウィンチェスター著『博士と狂人― 世界最高の辞書OEDの誕生秘話』(鈴木主税訳/ハヤカワ・ ノンフィクション文庫)




映画情報はこちら



う~ん!見に行きたい!
ニューヨークの公立図書館の映画も見てないんだよねぇ・・・。
映画って、見たい!と思っても、出不精な私は心理的距離が遠すぎるんですよね。
おまけにビンボーちゃんだから・・・。
でもこうした公開情報を手に入れたときはいつも行く気にはなっているんですよ。

まぁ、原作を読む、っていう手もありますけどね(;^_^A






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

博士と狂人 世界最高の辞書OEDの誕生秘話
価格:880円(税込、送料別) (2020/7/13時点)