E-スクの小テストも終わらせて、あとは科目試験のみ。
ここまで来たら、あともうひと踏ん張り。

・・・
・・・・私の場合、このあたりで脱落します・・・毎回・・・(-_-;)
だから、何事も中途半端になるんだよねぇ・・・



さて、最近「慶應通信のレポートは難しい」発言に出くわします。
その都度わたしは思うのです。
「慶應通信のレポートって難しいのか???」


わたしは他の大学レポートを知りません。
ですので、慶應通信のレポートが「普通」と思っています。

でも、わたしはなかなか書けませんけどね。
うまく書けませんけどね。
それは慶應通信のレポートが難しいからではなく、わたしがおバカだから、と思っています。マジで。


私より賢い人達が「慶應通信のレポート難しい」って言っていると、わたしは思うのです。
「もしかして、わたしはレポート課題の真意がわかってないかも・・・」と。
おそらく、そうなんでしょうね。

先生が「この辺まで掘り下げてよね」というところがわかってない。
私のレポートを見た先生方は「いや・・・もっと掘り下げてほしいんだよ・・・でも君にはちょっとむずかしかったかな?よく頑張ったね。でも卒論はそうはいかないと思うよ。もっとがんばってね・・・合格・・・」なんかなと。(合格した場合)


慶應通信のレポートって難しいんですかね?
私より頭のいいひとがいう「難しい」って言葉。嘘だと思うんですよね。
ホントはちょろかったけど、いろんな事情で(大人の事情??)そうは書けないとか?


慶應通信のレポートって難しいんですかね?
誰か言って欲しい。
「大学のレポートってこんなもんですよ。これが普通ですよ」って。


入学したての時って、レポートが難しい!って感じましたね。
でも、それはレポートの書き方を知らないからっていうのもあります。
少しずつ書いていって、慣れればOK。
このハードルは、実は、見た目は高いけど実際手をつけてみるとさほど高くないことがわかる。

このハードルを越えた後、
「慶應通信のレポートってこんなもん」と思うんじゃないか?と思っています。


それでもやっぱり
慶應通信のレポートは難しいですか?